埼玉県警が同人漫画作者に「配慮」を要請!作者は一体誰?内容は?

埼玉県警が同人漫画作者に『世間への配慮』を申し入れた事を受けて、「表現の自由に警察が介入しているのでは?」と話題になっています。

今回の騒動をまとめてみました。

スポンサードリンク
   

騒動の概要

埼玉県警に強制わいせつ容疑などで再逮捕された一人の男性。

昨年1月8日11:35~40頃
女子中学生の自宅を訪れ『放射能を調べる検査をしたいから入っていいですか』と言って侵入し、『死にたくなければ声を出さないで』と脅したうえ、少女の体を触ったとされています。

犯行の理由を『性的欲求を満たしたかった』『成人向けの同人漫画を真似した』と供述したことから、埼玉県警が同人漫画作者に「模範した犯罪が起こらないように配慮してほしい」と申し入れをしていた事が分かりました。

また、この男性が見た同人誌は違法アップロードサイトでダウンロードしたものだったようですね。

スポンサードリンク
   

埼玉県警の対応

埼玉県警は6月7日に同人作者の元を訪ねて『模倣した犯罪が起こらないように配慮してほしい』また『作品の内容が犯罪に当たる旨の注意喚起をしてほしい』と申し入れをしたようです。

県警幹部は『表現の自由との兼ね合いもあり難しいが、社会に与える影響を考慮した。同様のケーズがあれば今後も申し入れを検討する』としています。
引用:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170614/k00/00e/040/260000c

今回の騒動はごく一部の限られた読者の特殊な行動と言えますが・・・警察も色々と大変ですね^^; ですが、警察がこのように申し入れをすることはとても異例のようです。

ネットでの反応まとめ

・警察の求めた「配慮」で廃業させられたとしか…
・飛んだトバッチリ
・公権力が「配慮」を求めてもいいの?
・じゃあ、テレビドラマや映画はどうなんだよ

皆さんの仰る通りだなと・・・^^; ですが、真実は少し違うようです。以下をご覧ください。

作者は一体誰?漫画の内容は?

調べてみたところ、同人誌の作者はクジラックスさんのようです。内容は分からなかったのですが、埼玉県警とのやり取りについて、クジラックスさんご本人がTwitterでコメントしています。

「なんでわたしだけぇぇぇぇ」とか言いいつつ、「はいこれは確かに私だけの問題です」って思ってるので、読者や同業者の方も気を揉まないで大丈夫ですよ(^◇^) 予告はしたものの、やはり結構な人の気をもましてしまった気がします。すみません。

警察の方も何かお仕事をする必要があったのでしょうし、コンプライアンスを徹底させてるのか終始へりくだってたし。申し入れっていうと仰々しいけど、実際は菓子折りとお茶飲みながらもっとふにゃ~っとした会話をしたよ。がいがぁはアイアムアヒーローやウシジマくんのコマ割りの影響を受けていて…

引用:Twitter クジラックス@quzilaxxx

埼玉県警とクジラックスさんとのやり取りとしては『違法ダウンロードが悪いから、削除要請しておきます』という趣旨だったのですが、毎日新聞の記事を見る限りでは『漫画自体が良くないから、今後書かないでほしい』という意味に捉えられます。

また、記事にあるのような、ある意味「威圧的」な要請では無かったようですね。ご本人のツイートが真実でれは、少し行き過ぎた記事の内容とも受け取れます。

受け取る側の”情報を精査していく力”が、今後ますます必要になってきますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ