ワンピース実写化のブルックを予想!キャストorCG再現するなら?

ワンピース(ONE PIECE)のハリウッドでの実写化が決まり、期待と不安でいっぱいのワンピース(ONE PIECE)ファンの皆さん!

実写化にあたり、皆さんがとても気になっているひとつが『ブルックがどのように表現されるのか』なのではないでしょうか。

人間が演じるのか、やはりCGなのか・・・ネット上の皆さんの意見を参考にしながら、予想していきたいと思います。

スポンサードリンク
   

原作・尾田栄一郎さんからの発表をおさらい

尾田栄一郎による人気漫画「ONE PIECE」がハリウッドで実写ドラマ化されることが明らかになった。21日、週刊少年ジャンプの中野博之編集長らが出席した連載20周年記念記者発表会の場で発表された。原作者の尾田もコメントを寄せ、「20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事」が実写化への条件であることを明かした。

(中略)

<原作者・尾田栄一郎からのメッセージ>

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。
僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、
紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を
迎える今日、その製作発表に至ったのは
実は偶然であり、とてもうれしく思います。
まず「20年間作品を支えてくれているファンを
絶対に裏切らない事。」これが僕からの条件です。
不安の声もあがるでしょうが
どうか期待の声をください。
そして、胸をおどらせ、続報をお待ちください。
お楽しみに!!

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0093047

以前から、ワンピース(ONE PIECE)実写化か・・・という話は出ていましたし、実写化した際に誰に演じてほしいかといった話も多く出ていましたが、今回のように『実写化決定』にまで至りませんでした。

しかし、そこはさすがハリウッドですね!

制作を担当するトゥモロースタジオは「ワンピース(ONE PIECE)を絶対に成功させる。本作品は最も制作費が高いものになると思う。それだけ価値のある作品だ」とコメントしていますし、これは期待できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
   

ブルックの実写版キャストをあなたは誰に演じてほしいですか?

ワンピース(ONE PIECE)の実写版キャストを皆で考える参加型のポータルサイト(※下記参考サイト)によると

1位:栗原類さん
2位:渡部豪太さん
3位:CG

上位3つは、このような結果になっていました。

栗原類さんと渡部豪太さんのお名前を見て、率直に「あぁ~!分かる(‘ω’)」ってなりました。笑

身長が足りない(ブルックは692㎝)のは置いておいて、お二人ともスラッとしていてブルックの骨格に合っていますし、アフロヘアもとても似合いそうですよね!

しかし意外だったのが、実写化キャストを考えようと投票しているサイトで3位がCGとなっているところです。やはり、ファンの皆さんの期待を裏切らないように忠実に再現するには『CGしかない』と考えていらっしゃる方もとても多いようですね^^

※参考サイト:http://real-one-piece.com/

結局、ハリウッドで実写化されるブルックは実写版キャスト?CG?

ずばり!私はCGで表現されると思います!!

制作会社(トゥモロースタジオ)がコメントした『本作品は最も制作費が高いものになる』という部分を踏まえて、ブルックはCGで原作に限りなく近い形で表現されるのではないでしょうか。

パイレーツオブアリビアン等でも動く骸骨は出てきていますし、難しくはないですよね。

ただ、パイレーツオブカリビアンの骸骨と違うのは、主要キャラであるが故に表情にまでこだわらなくてはいけない点です。骸骨の表情はどのように作るのでしょうか…この部分は完成してからのお楽しみに取っておきましょう♫

そして、もともとワンピース(ONE PIECE)は、CGを駆使しないと表現できない部分(悪魔の実の能力や戦闘シーン等)がたくさんありますし、尾田栄一郎さんからの『こちらからの高いハードルを超えるような企画』『ファンを絶対に裏切らない事』という言葉からもあるように、忠実に再現しなければファンは納得しないと思うからです。もちろん、尾田栄一郎さんも含めて。

残念ながら、日本での公開は未定というワンピース(ONE PIECE)のハリウッド実写化…きっと日本でも映像が見られると思いますので(ネット社会ですからなおさらですが)首を長くして待っていましょう^^

これからも、ワンピース(ONE PIECE)ハリウッド実写化に関する情報が入ってきましたら、こちらでも色々と書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ