北朝鮮船の漂着が多いのはなぜ?理由はスパイ活動か脱北の声多数

最近、北朝鮮の木造船が日本に漂着したニュースが相次いで報道されていますね。

純粋な疑問なのですが、なぜ北朝鮮船の漂着が多いのでしょうか?漂着して保護された方達は皆さん口を揃えたように「北朝鮮へ帰りたい」と話しているようですが、本当なのでしょうか?

ネット上の皆さんの声を参考にしながら、北朝鮮船の漂着が多い理由について考えていきたいと思います。

この記事は、あくまで皆さんの予想と私個人の意見をまとめたものである事をご理解いただけますと幸いです。

どうぞ最後までお付き合いください^^

スポンサードリンク
   

実は…北朝鮮からの漂着数は、去年の方が多いという事実

まず皆さんに知っていただきたいのは、『去年は北朝鮮の木造船66隻が日本に漂着している』という事実です。しかも今年は去年に比べ漂着数が少ないのです。

あたかもここ最近だけ異様に漂着数が多いように報道されていますが、実は違うんですね。

マスコミに漂着船のことが取り上げられるまでにどのような経緯を辿っているか私には分かりませんが、こういった事実も併せて報道してもらいたいなと感じます。

スポンサードリンク
   

北朝鮮船の漂着が多いのはなぜ?やっぱりスパイ活動?!

スパイとは、いわゆる北朝鮮工作員のことです。

今回の騒動を知った時、私が真っ先に頭をよぎったのが『本当に漂着したのではなく、工作員である可能性』でした。ネット上の声を見てみても、このように思っている方が沢山いました。

こんな偏見を持つのは良くないと分かっていますが、やはり「漂着した漁民を装った工作員なのでは?」「工作員の可能性があるのだから、保護して経緯を調べるのではなく、早く北朝鮮に返すべきだ」と思いますよね。

それに、漂着船が相次いでいるなか、北朝鮮がミサイルを発射したことも気になります。何か関係があるのでは?とも考えてしまいます。

北朝鮮船の漂着が多い理由は、脱北者が相次いだから?

皆さんの考えとしてもうひとつ多かったのが「脱北する人が多くなっているのでは?」というものでした。

隣国である日本やロシア・韓国・中国などに脱北する人が多いなかで(例えば、韓国に行きたかったが日本に着いてしまった…などのように)目的地ではない土地にたどり着いてしまったというパターンですね。

脱北者が多くなれば、こういった人が日本にたどり着く可能性も必然的に高くなりますし、過去にもこういった事例はありました。

スポンサードリンク

それとも…本当に漁の途中で船が故障したから?

今回の件については『漁の途中で船が故障して漂着した。北朝鮮に帰りたい。』と話をしているので、この発言が真実であれば上記2つの可能性は低いと言えると思います。

また、脱北者や支援団体によると『今回の騒動のような場合、北朝鮮で処罰される可能性があるため、本人達の「帰りたい」という発言だけで北朝鮮へ返して問題ないのか、慎重に対応してほしい』と言っているそうです。

北朝鮮では一度外国に上陸した人はスパイ扱いされる場合がある…ということが理由のひとつなのですが、こんな国って本当にあるんですね。驚いたと同時に悲しくなりました><

慎重に事実を確認して、対応してもらいたいものです。

スポンサードリンク

追記【2017.12.5】

北朝鮮船の漂着が後を絶ちませんね。

なかには漂着した後、沿岸付近に建っている小屋に侵入して電子機器や蝶番などを含む金目の物を盗んだ者までいるという報道がされていました。

当初は「本当に漁の途中で船が故障して漂着してしまったのかな」と思っていたのですが、こういった事が起こると「北朝鮮国内から何か命令が出ているのでは?」「有事に備えて動いているのか?」「本当にスパイなのでは?」など、万が一のことを考えざるを得なくなります…。

米韓軍事演習で北朝鮮はさらに緊張した状態になっているようですし、隣国としてはどうにも落ち着きません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ